妊娠中のセックスは大丈夫?セックスレスにならない為に知っておこう

セックスレス

妊娠中のセックスは大丈夫なのでしょうか?
一番気になるのはお腹の中にいる赤ちゃんへの影響。悪影響が出るのであればもちろん控える必要があります。しかし、妊娠初期はつわりなどにより性欲が減衰しますが、妊娠中期になると一般的に性欲が強くなることも知られており、その性欲をどう発散すればよいかが良い精神状態を保つ上で大変重要なポイントとなります。パートナーも妊娠中はセックスしていけないという固定観念があり、妊娠中はセックスレスになる可能性も大いにあります。そこで今回は妊娠中のセックス、つまりは『マタニティセックス』についてまとめてみました。

妊娠中のセックスって大丈夫なの?

妊娠中のセックスがおなかの赤ちゃんに与える影響はあるのでしょうか?結論から言うと、影響はありません。アメリカの産科婦人科学会(ACOG)は『産婦人科医から止められていない限りは問題ない』という見解を示しています。また、アメリカの医療機関、Mayo Clinicも、妊娠中のセックスに関して、『胎児に悪影響は与えない』と発表しています。

以上から、妊娠中のセックスに関して、特段気にする必要はなさそうです。もし少しでも不安があるようでしたら、妊婦健診の際に医療従事者の方々に一度尋ねてみるのもひとつでしょう。

妊娠中のセックス どうすればよい?

妊娠中のセックスは赤ちゃんに影響なしということがわかりました。ですがどのようにしてセックスすればよいのでしょうか。気を付けるべきは絶対にお腹を圧迫しないこと。影響がないにしろ、圧がかかることで赤ちゃんに負荷がかかります。その観点から、激しいセックスももちろんNG。大丈夫かな?と少しでも不安がある場合は控えるようにしましょう。

妊娠中のセックスとしておすすめなのがスローセックス。これはゆっくり動いて愛を確かめるようにおこなうセックスのことです。ゆっくり動くことで赤ちゃんへの影響も最小限に抑えることができます。また、赤ちゃんができる=生物学的な役割を終える、ということで夫との夜の営みが疎遠になるという話もあります。定期的に愛を確かめるような優しいセックスをしてそれぞれの持つ気持ちを今一度確かめるようにしましょう。

スローセックスも少し心配な方は、ラブグッズを使うことをおすすめします。旦那さんには申し訳ないかもしれませんが、そこはgive and takeの関係でお互い満足できるようにしましょう。女性におすすめのラブグッズは『マリンビーンズ』。

妊娠中 セックス

これは本当におすすめです(笑)。ラブグッズを使った夜の営みに抵抗がある方は沢山いらっしゃることでしょう。しかし、一度使ってしまうと虜になってしまいます。一人で使う事はおすすめしませんが、彼とのラブラブな時間に対してラブグッズを使うのであれば後ろめたい気持ちを持つ必要はありませんし、むしろマンネリ化を防ぐためにもこのようなラブグッズは淡白なセックスを回避することができ、妊娠中でも燃え上がるようなエッチができることでしょう。

まとめ 妊娠中でもセックスOK。ただし方法には注意を

今回は妊娠中のセックス、『マタニティセックス』についてまとめてみました。妊娠中はセックスしてはいけないという固定観念から、疎遠になる夫婦が多くいるようですが、セックスしても大丈夫という知識さえあれば、そのような心配もないかと思います。ただ、妊娠してからそういった話題を切り出すには少し抵抗があるかもしれませんので、妊娠前からパートナーと定期的にセックスについて話し合う場を設け、その中でマタニティセックスについても言及すれば、妊娠した際に自然な流れでセックスをすることができるのではないでしょうか?妊娠中も充実したセックスライフを送れるように願っています^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました